2014年11月28日

小保方晴子 いよいよ迫る11月末 その実証結果は?

みなさん。こんにちは。

お久しぶりです。

前回からだいぶ間をおいてしまいました。


あと3日で11月も終わり、

慌ただしい師走に入りますね。

11月が終わると言えば、

今年を賑わせた理研の「小保方晴子」さんが

「STAP細胞」作製の実証実験期限が

今月末で、3日後に迫っている現在、

秒読み態勢に入っていますね。


小保方.jpg



今年の流行語に・・・


小保方氏があの記者会見での発言、

「STAP細胞はあります!」が

今年の流行語のひとつとして、

メディアで取り上げていますが、

このセリフが流行語?にするのは、

筆者はいかがなものか?と思って

います。そう感じている方も

多いのではないでしょうか?


Sponsored Links








なぜなら、小保方さんは理研においては、

既にユニットリーダーから

一般研究員に降格させられ、

その上、学位を取得した

母校の早稲田大学大学院からは

執行猶予付きで博士号も

取り消されました。


博士号を取り消された最大の

理由は、学位論文の序論など、

多くの箇所でコピペであったことが

明らかになったこと、つまり盗作

といわれても仕方なく、

早稲田大学の名誉を傷つけました。

当然の処分だと思いますね。


そんな、研究者とも呼べない

者の発言を面白おかしく、

今年の流行語として取り上げるのは、

ちょっとオフザケにも度が過ぎるように

思います。



心底反省しているの?


その他、小保方さんの発言で

良く取り上げられる、

「(STAP細胞は)200回作ったことがあります!」

と平然とした顔して言ってのけましたが、

私はこの発言をテレビで見たときに、

この人物は平気で嘘をつき、嘘をつく

ことに何の躊躇もない精神の持ち主なんだなと

感じました。


なぜならば、200回も作製に成功していたのなら、

成功率は20%だとのことですから、

1000回以上作製実験をしていることになります。


私もバイオテクノロジーの研究をしていた

時期があったのでわかるのですが、

一通りの実験をするのに、少なくとも

1週間つまり、7日間は要するのです。


となると、1000回以上の実験をしたならば、

1000回×7日間=7000日間

7000日間÷365日=19年間 !!

19年間以上、小保方さんはSTAP細胞の

研究に従事してる計算になります。


彼女の年齢は30歳ですから、

30-19=11歳、

11歳というと小学5年生のときから、

最先端の研究に従事していることに

なります。 そんなバカな!!

そう、そんなことは

あり得ないことは明白ですね。


ですから、

「200回作ったことがあります!」を

聞いたときに、すぐに嘘だとわかりました。


あの発言を聞いた人の中には、

「そうなんだ。200回も成功しているのなら、

STAP細胞は存在するんだろうな」

と思った方もいるでしょう。


バイオテクノロジー研究の背景を

知らない人なら鵜呑みにしてしまいますよ。

そう、小保方氏は多くの国民を欺いたのです。


そして、単に嘘をついているのなら、

まだ許す余地はありますが、

理研に在籍している、ということは、

理研から給与をもらっている。

理研は税金で運営している研究所ですよ。

ユニットリーダー時は、

月給で30万円〜40万円、

いやそれ以上もらっていたのでは

ないでしょうか?


Sponsored Links









私の知り合いに博士号を取ってからも

自分の専門の地道な研究を続け、

毎年オリジナルな論文も書いて、

合計で50報近い論文の実績数をもって

いながら、パーマネントの籍に就く

ことができずに、40歳を過ぎてしまった

ポスドクという経済的に不安定な状態の

大学時代の先輩がおります。

その先輩の年収は300万円ぐらいです。

博士号を持っていてもですよ。


私は、小保方氏と先輩を比べたとき、

実力のある研究者よりも似非研究者の

ほうが、経済的に優位な状態にある

ことに大きな矛盾を感じています。


そして、自らが犯したことの重大さ

(死者も出ている)に

あまりにも無頓着・無反省な態度に

怒りも覚えます。

こういう者に税金で食わせてあげる

理研、国はどういうつもりなんでしょうか?



ちょっと感情的になってしまいました。


3日後に本人はどんな会見をするのでしょうか?

「STAP細胞はできた!」と報告するのでしょうか?

それとも「できませんでした」とするのでしょうか?

できなかった場合の彼女のその後について、

本人自身はどう身を置くのでしょうか?

理研はどういう処分を下すのでしょうか?



読者の皆さんは、どうなると思われますか?




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




Sponsored Links
posted by ケイ at 02:39 | Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。